【3COINS】私がシリコーンたわしをやめた理由。

今や飛ぶ鳥を落とす勢いのスリーコインズのシリコーンたわし
SNSで見ない日はないというくらい盛り上がっています。
最近ではスリコに限らず100均やホームセンターなどでも見かけるようになってきました。

どの口コミを見ても

  • 油汚れが洗剤なしで落ちる!
  • 水切れ抜群で衛生的に安心!
  • 耐久性もバッチリ!
  • 食洗機でも洗える!

と皆がSNSで大絶賛。

我が家のスポンジもくたびれてきたので「盛り上がってるしシリコーン試してみるか!」と早速購入し使ってみました。

ですが…せっかく出会った運命虚しく、1ヶ月程度で元のスポンジにカムバーック!!

ニャ○ちゅう
お゛お゛ん゛?

とニャ○ちゅうも驚く程の鞍替え劇。

なぜ元のスポンジに戻してしまったのか?1ヶ月間使った感想と合わせてお伝えできればと思います。(なぜ唐突にニャンちゅう出てきたのか?は聞かないで)

  • 買おうかどうか悩んでいる。
  • シリコーンたわしの使い心地が知りたい。
  • いい口コミしか聞かないけど実際どうなの?

余談ですが、タイトルのモチーフは「7SEEDS」や「BASARA」で有名な田村由美さんの「ぼくがシリーズ」から拝借。昔よく読んでました。

 

どうしてやめたのか?

そもそも、いいことばっかりのシリコーンたわしのどこが気に入らなかったの?と言うのが気になるところですよね?

ん~まぁ、簡潔に言うと「我が家のキッチン環境に合わなかった。」と言うのが一番の理由になります。

KEi.
アンチじゃないので心穏やかに聞いてくだされ。

そんな我が家のキッチン環境は

  • 食洗器なし
  • フライパン・鍋はテフロン加工の物(そろそろ買い替え時)
  • 油っこい時はペーパーでふき取るか熱湯で予洗い
  • 手荒れ防止の為、大概は水で洗う
  • 洗剤はマジカシリーズ

というスペックになります。

理由その1:言われている程落ちない

洗剤なしでも油汚れが落ちた!と絶賛されていますが、「キュッキュッ」と音が鳴る程には落ちませんでした。油っ気の強い物は洗剤を使っても2度洗いがデフォ。

さすがに油汚れの少ないコップやお皿は洗剤なしでもキュキュっと綺麗になります。

KEi.
あーこれは食洗器の予洗い向きだなぁ。

とガッカリしてしまいました。

理由その2:泡立たないのでスプレータイプの洗剤に変更→使用量が増えた

改良され、以前のものよりは泡立ちやすくなったそうですがそれでもまだまだ。
仕方がないので泡で出るスプレータイプの洗剤に変えてみたのですが、まぁ減りが早い!!

わたし自身、シュッシュするのが楽しくてスプレーしまくっているのも悪いのですが(原因はきっとそれw)理由その1でも述べた通り、なかなか綺麗にならないので洗剤の追加を重ねてしまうのが原因かと。

KEi.
基本的にスプレータイプはすぐなくなるイメージ!(コスパ悪し)

理由その3:吸盤が機能せず、悪さする時も

私が使っていたのは張り付けられる吸盤付きバージョン。
ですがこの吸盤、実際使ってみると小さく高さもないのでシンクに張り付けようとすると洗う面がシンクから離れずピッタリフィット。柔らかいシリコンの特性が発揮されピタッとシンク面に沿うようになっちゃうんです。

これじゃあ衛生面が…とS字フックで下げてみたり色々解決方法を考えて試したのですがどれもしっくり来ず諦めてしまいました。

そしてもう一つ。
この吸盤、不意に洗っている食器に張りついては離れるのでめちゃくちゃ洗いにくい!
おまけに泡が突拍子もない所に飛びます。
吸盤のついてない面で洗ったら防げるかと思きや、これまた柔らかいシリコンの特性が生きて裏でも表でもくっついてくる。

KEi.
一体おまえは何のために付いているんだよ…

理由その4:泡が飛ぶ

これはたわしだからという理由もありますが、たわし以上に飛びます(当社比)
キッチン界のエアロゾルか!ってくらい細かい泡やしぶきがシンク回りや顔や体にピンピン飛んで気分はブルーに…。
出来るだけ飛ばない様に気を使って洗うんですが、それもなんだかおかしな話。
おまけに細心の注意を払っている時に限って付属の吸盤が悪さして特大の飛沫をお見舞いされます。

KEi.
食器を洗った後、シンク回りの掃除もいつも以上に捗るんだぜェ☆(泣)

理由その5:持ちにくい

従来のスポンジならば多少の厚みや大きさがあってもスポンジならではの弾力で手にうまく馴染みフィットするのですが、シリコンたわしはちょっと違います。

  • 大きさが女性の手より1.5倍程大きい。(1モチニクイ)
  • 厚みが薄く1cm程度。シリコン特有の弾力でグニャグニャ。(1モチニクイ)
  • シリコンなので自分の手よりも食器とのフィット感の方が強く力加減が迷子。(1モチニクイ)

と言った感じで3モチニクイと言う謎の単位と数値をゲットした訳ですが、簡潔に言うと

この一言に尽きます。

フライパンや鍋などの面が広くて平らなものを洗う時は力加減に迷いはないですが、コップの外面などのカーブしているものや細かい物を洗う時に洗いにくさ持ちにくさを実感。
特にガラスコップの外面を洗う時は泡が付いているためさらに手から滑りやすく幾度となくシンクに落下させているので毎回ヒヤヒヤしながら扱っていました。

KEi.
ねぇ、みんなどうやって使ってるの?

そんなこんなで食器洗いが更に億劫に…

ちょっとしたデメリット部分が多すぎてあまり好きではない食器洗いが更に億劫になってしまいました。これではイカンと前のスポンジに戻した次第であります。

ちなみに以前のスポンジはこちら↓

シンクにも直接付かないし、水切れも抜群!大きさも丁度よく耐久性もあるほうだと思います。密かにオススメしたい商品。

メリット|いい所もちゃんとあります

散々デメリット的なレビューをしてきましたが、ちゃんとSNSでのレビュー通りのメリットもありました。

それは、「カレーやケチャップなどの洗い物を気兼ねなく洗える!」という事。

スポンジに色移りやニオイ移りの心配があるものを洗う時、

スポンジが染まっちゃうだろうなぁ?
カレーのニオイしばらく落ちないんだよなぁ…
スポンジちゃん、ゴメンっ(´;ω;`)

こんな感じにちょっと躊躇しちゃいませんか?
わたしもそれが嫌でスポンジで使う前に手で予洗いしてから洗っていました。

ですがシリコンたわしなら色移りやニオイ移りがほとんどないのでカレーやケチャップの海に躊躇なくドボンとしてゴシゴシ洗えます。

「シリコンたわし使いにくいなぁ」と思っていたわたしでも、これには感激でこの際専用たわしにしようかと考えている程。

まとめ

話題のシリコーンたわしは使うご家庭のキッチン環境や使用する人に左右されるものなのかな?と実際使ってみて感じました。もしくはわたしがめちゃくちゃ不器用か?(笑)

きっとシリコンたわしに向いている環境や仕事は

  • 食洗機あり
  • テフロン加工が生きているフライパンや鍋を洗う
  • 炊飯器の釜を洗う
  • 凸凹素材のしゃもじ(ご飯用)を洗う
  • ザルを洗う
  • 色移りやニオイ移りが気になるものを洗う
  • シンク用のたわしとして利用
  • 根菜類を洗う

このあたりが発揮できるのでは?と思っています。

ちなみにお試しするならセリアで激似のシリコーンたわしが単品(スリコは2個セット)で販売されているので、セリアでの購入がオススメ。

わたしは元のスポンジに戻してしまいましたが、全く使わなくなるわけではなく二軍落ち(笑)として発揮できる時にガッツリお仕事してもらおうと思っています。

また、フライパンを買い替えたり暖かい季節になって来たら環境も変わるので常に使える状態になるのかな?とも。

その頃には改良されたNEWシリコーンたわしが発売されたりして…(笑)

以上、「わたしがシリコーンたわしをやめた理由」でした。
適用環境が合致する方は激おすすめなのでぜひぜひ使ってみて下さ~い。

スポンサーリンク