元病院栄養士の体験談!仕事の裏側教えます!Part②

病院栄養士の体験談

前回の「元病院栄養士の体験談!仕事の裏側教えます!Part①」如何でしたでしょうか?

病院栄養士の体験談

元病院栄養士の体験談!仕事の裏側教えます!Part①

2020.01.27
栄養士さんって結構大変なのね…。
思ってたのとちょっと違ったかも…。
やっぱり病院栄養士目指すのやめようかな…。

 

え?

 

KEi.
ょっと待ったぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!

「病院栄養士」と検索をかけると「病院栄養士 大変」とか「病院栄養士 辛い」なんて出てきますがやりがいがないわけじゃない!メリットだってちゃんとあります!(あるはず)

今回は良かったことや得することを中心に書いていこうと思ってるので、良かったら読んでみて下さい。

KEi.
お願い、考え直しておくれ…

病院栄養士で嬉しかった事

まずは私が働いていて「嬉しいな」と思った事を紹介します。

患者さんからの「美味しかったよ!」が嬉しい

クレームや要望などが多い中、「毎日、食事の時間だけが楽しみだよ」「今日の○○美味しかったよ!」や下膳された食器に感謝のお手紙が乗せてある事も。こういうのがあると頑張った甲斐があるなぁ、よし次の食事も頑張るか!と活力になります。

KEi.
嬉しすぎてニヤニヤしながらガッツポーズがデフォ。

職員さんからの「美味しかったよ!」も嬉しい

これ、ホントの事言うと患者さんから言われるより嬉しい時があります。

私の職場では患者さんと同じおかずを職員さんの昼食として提供していました。食べ物に自由のない患者さんに比べて、いつでも好きな物が食べられる職員さんの方が明らかに「美味しい!」のハードルが高い!よくクレームや要望がでるので出来る範囲ですがリクエストに応えたり飽きさせない工夫をしていました。そんな努力も虚しい時がほとんどなのですが、稀に職員さんに「こないだの○○美味しかったよ!」「今日の味付け最高!」なんて言われる時があります。そうなると栄養科全員に報告案件です(笑)それほど稀で嬉しい事だったりします。

例えて言うなら、毎日の定番料理に文句しか言わない家族がこっちから聞かなくても「美味しい!」と言ってくれるのと似てるのかな?

KEi.
嬉しすぎて小躍りしちゃう♪

元気になって退院された時

私が高齢者施設ではなく病院を就職先に選んだ理由でもあります。

入院当初は栄養価の高いゼリーをごく少量しか食べられなかったのが、徐々にペースト状にした食事に代わり、みじん切り程度に刻んだ食事、荒く刻んだ食事と状態が回復し固形物が食べられる様になって退院された時はホントに良かったねぇと嬉しくなります。

KEi.
Dr.やナースとも食事に関して結構やりとりした患者さんだと

印象深いし尚更嬉しいんです。

他の病院を受診時、某病院の職員さんなんだーと言われる

職場とは違う病院を受診する事があるんですが、保険証を提出するので職場の病院がすぐバレます。病院同士で面識や交流がある所だと院長の話をされたり、誰々さんまだ働いてる?とか聞かれたりも。気のせいかもしれませんが知る前と後でなんとなーく対応が変わるのもちょっと面白かったり。

他にも私が妊娠初期に出血してしまった時、産婦人科の先生が栄養士さん休めないだろうからお休み出来るように診断書とお手紙書いておくね。あなたのところの院長先生なら働け!なんて言わないだろうけど、直属の上司とかやっぱり無理でしょ?長く休めるようにしとくから。と言ってくれ、病院栄養士だからと言うわけではないですが、事情を分かって貰えるのも嬉しかったです。

KEi.
産婦人科の先生、後光が差してたよ…神かよ…。

病院栄養士で得だなぁと思った事

続いて「これってちょっとお得じゃない?」と思った事をご紹介します。

注意!!

あくまで私の職場での事なのでどこも同じとは限りません。あしからず。

福利厚生バッチリ!

私の働いていた病院は割と景気が良かったみたいで年末にはホテルの宴会場を借りて盛大に忘年会を開いてくれたり、年に数回ですが旅行も少ない負担で行くことが出来ました。勤務の関係で忘年会などに参加できない夜勤者や遅番の人にはお寿司がお弁当として振舞われました

KEi.
まさに至れり尽くせり。ただ、お寿司の発注は私たちの仕事なんだけどね(笑)

予防接種や健康診断が職場で出来る!

予防接種や健康診断にわざわざ休みを取ったり公休で行ったりしなくても、勤務時間中のちょっとした時間で済みますし、予防接種はワクチンがなくなる心配もなく接種出来ます。さすがに健康診断は時間がかかるので仕事終わりに行うのですがそれでも退勤時間から1時間弱なので全く手間に感じません。料金も立て替える事もなく病院側が持ってくれるのでやることやってそのまま退勤できると言う気軽さ。

KEi.
乳がん検診までしてくれるのでありがたい限りでした

具合が悪くなったらすぐ受診出来る!

指を切ってしまったり、体調が優れない時はすぐに受診して応急処置や診察を受けられるので安心感がありました。

以前、栄養科職員のおばちゃんが急に胸が苦しくなって動けなくなり、ナースとDr.に連絡し診てもらったら「心筋梗塞疑い」で緊急搬送されそのままオペだったという事例もありました。これにはホントびっくりしました。

KEi.
変な話、職場で発症して良かったよね

非売品のキャラクター物や色んなサンプルが貰える!

私の職場に来る業者の皆さん、凄く営業熱心な方が多くて色々なサンプルやキャラクター物の文房具などよく持って来てくれました。でもほとんどが病院のニーズとは合っていない物なので私たちが楽しんで終わりでした(笑)

KEi.
非売品のキティちゃんグッズとか後輩の子よく貰ってたなぁ。

季節の食材を時期の早い段階で食べられる!

献立を立てる際に大事なのが季節感です。入院されている方に食事から季節や行事を感じて貰えるように献立作成しています。食材の旬が始まる月には早速取り入れて作成するので早い段階で旬の物が食べられるんです。

栄養士には「検食」と言って患者さんに提供した食事と同じものを食べ、安全性や味を評価すると言う仕事があります。この仕事でも食べる事が出来ますし、先ほど出てきた職員食として昼食でも食べる事が出来ます。しかも格安!!(250~300円)

他にも病院食特有の食材(特に魚)も食べられるので、初めの頃はこんな魚の名前聞いたことないけど美味しいっ!っていう感動もありました。よく聞くのがシルバーと言う魚かな?特に癖もなく美味しいお魚です。

高齢者の多い病院だったので食べやすさ重視(柔らかく、身がほぐしやすい)の魚も多くチョイスされ、ちょっとお高い銀鱈や金目鯛もありました。そして全て骨なしの処理がされている親切設定(笑)

KEi.
プライベートで金目鯛や銀鱈なんて高くて買えないもんな…

家での献立の参考になる!

マンネリ化しつつある家の献立に悩んだ時、ああゆう味付けの仕方あったなぁとかこれなら我が家でも出来そう!とかこの食材安いからあの献立メニュー作ってみるかーと変わり種メニューとして投入していました。

今でも野菜の切り方はかなり参考になってます。

KEi.
家で作るのと職場で作るのって調味料同じでもやっぱりちょっと味が違うんだよなぁ。

番外編:働いていた病院でのビックリした事

ちょっと番外編になりますが、きっと他の病院ではないだろうなぁ?と言う事を少しだけ紹介します。

食費の縛りがほぼない

早速ビックリ案件ぶっこんできましたが、よっぽど高額にならない限り食費を気にせず献立作成が出来ました。病院の方針が患者さんが食べやすい食事をと言う事だったのでとてもありがたかったです。他施設の栄養士さんの愚痴を聞いたりすると結構食費に悩まされているのでその点は良かったなぁと思っています。

KEi.
銀鱈とか子牛もも肉とか普通にバンバン使ってたなぁ…

作る人によって味にバラつきがある

何のための献立作成なのか全く意味が分からないのですが(笑)食事に制限のない人の食事は基本的に作る人が美味しいと思う味付けで!という方針でした。基本で使う調味料は決まっているのですが量や割合、隠し味の有無が人によってバラバラ。なので同じおかずでも味が微妙に違ってくる、違う方がいいじゃんって言う謎ルールがありました。

私がまだ調理担当だった頃、この高すぎるハードルに滅茶苦茶悩みました。でもいつからか「なんだ、美味しく作ればいいのか!」と謎の吹っ切れをして、料理は化学だZE!とばかりに好き勝手やらせていただきました。楽しかったw

ただこの謎ルール、お酒を多く使う人もいれば、味が迷子になって結局誰かが修正したりと調味料の無駄が非常に多い栄養士泣かせなもの。お陰で調味料の棚卸が合わなくてめちゃくちゃ大変でした。

KEi.
全く理にかなってないし、絶対誰が作っても同じ味の方がいいと思うんだけどなぁ。

ふたを開けたら入れ歯でビックリ!!

これは限定ビックリではないかもしれませんが、食器の洗浄作業をしている時、蓋を開けると食器の上に立派な入れ歯がバーン!!と鎮座してる事が何度も。ちょっと衝撃ですよ、これ。

そのまま乗せてあればまだ発見できますが、なぜかティッシュに包んで下膳されて来ることが多いんです。病棟から捜索願の連絡を受けなければティッシュの塊なんてそのまま燃えるゴミにポーイなので本当にやめていただきたいwゴミ袋漁る羽目になります。

KEi.
知らずに捨てると何故か私たちのせいにされる…

まとめ

Part①、Part②と病院栄養士の仕事の裏側をお話してきましたが如何でしたでしょうか?

ちゃんとメリットがあって良かった。
食事作成の自由度にビックリ!!
KEi.
それに関しては私もビックリだからw
悪い印象が少しは軽減したかも…。

今回は私が印象に残っているエピソードやメリットデメリットをお伝えしただけなので、きちんとした仕事の流れや詳しい内容など伝えきれていない事がまだまだ沢山あります。もっと詳しく色々お話したいところですが、専門的なお話になってくるので興味がある方がいらっしゃればまたいつか記事にしたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

スポンサーリンク